MENU

銀行からの転職を成功させるコツや注意点、おすすめの転職先とは?

銀行から転職したいとお考えではありませんか。銀行は人気のある就職先ですが、実際に転職して働き始めると入社前のイメージと違うことがあります。

転職したいと思う理由はさまざまですが、できるだけ条件の良い転職先を探したいでしょう。銀行へ勤務して身につけたスキルや能力は、転職先で有利になることはまちがいありません。

この記事では、銀行からの転職を成功させるコツや注意点、おすすめの転職先について解説します。

目次

銀行からの転職を成功させるコツ

初めて転職する人は慣れてないため、いろいろと不安はあるでしょう。銀行から転職したすべての人が、自分の理想の転職先を見つけられたわけではありません。

少しでも転職の成功確率をアップしたいのでれば、転職のコツを知っておく必要があります。

銀行からの転職を成功させるコツとして、以下のことがあります。

業種を限定し過ぎない

銀行から転職する場合、銀行に勤務して身につけたスキルや経験を棚卸して、これからどんな働き方をするのか、どういうキャリアを積み上げていくのかを考えます。

こうすると自分が目指すべき方向性がわかり、転職先として適している業種がわかるのです。ただし、最初から転職先の業種を限定し過ぎないようにしましょう。ある程度は選択の幅を持たせておかないと、業種を選べなくなるからです。

広い視野で自分のキャリアにマッチする転職先を探しましょう。

完璧な条件にこだわらない

転職先を探す場合にさまざまな条件を設定すると思いますが、多くの企業を比較していると悩むことがあるでしょう。すべての条件を満たす転職先を探そうとすると、なかなか決められなくなります。

すべての条件を満たす完璧な企業を探そうとしないで、妥協する条件と譲れない条件を明確にすることが大切です。

例えば「年収500万円以上」「週休2日」など、どうしても譲れない条件を明確にします。これを基準に転職先を探せば、スムーズに決定できます。

転職エージェントを有効活用する

銀行から転職する場合、転職先をいろいろな方法で探せます。自分で募集している企業を探すのもいいのですが、時間と手間はかかります。手軽に転職先を探したい人は転職エージェントを活用するのをおすすめします。

無料で利用できる転職エージェントもあり、経験の豊富なアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。転職希望者の条件にマッチする転職先を探してくれるので、希望条件を伝えるだけです。給料の交渉もしてくれるので、年収ダウンを避けたい人におすすめです。

銀行から転職する際の注意点

銀行は年収が高く雇用も安定していて、人気の就職先です。しかし、実施に銀行で働き始めると現実が見えてきて、転職を考える人もいます。銀行から転職しようと考える人には、それなりの理由があると思います。

ここでは、銀行から転職する際の注意点をお伝えしますので、参考にしてください。

会社に転職活動をしていることがバレないようにする

銀行員が転職活動をしていることが会社に知られると、会社からの評価が低下したり昇進が不利になったりします。転職活動をスタートしても、すぐに転職先が決まらないこともあります。転職活動をしていることが会社にバレると、配置転換や地方への転勤を命じられるケースがあります。転職活動は周囲に悟られないように細心の注意を払いましょう。

銀行のキャリアを活かせる転職先は限定される

銀行の業務は専門性が高いという特徴があり、スキルや経験がどんな業界でも活かせるわけでありません。銀行業務の専門性・特殊性から極めて限られた業種でしか銀行のキャリアは活かせないのです。ただし、大手銀行や海外勤務の経験がある場合は、活躍できる業種は広がります。自分にどんなスキルや経験があるのかを分析して、転職の面接でアピールできるようにしておくといいでしょう。

年収がダウンすることがある

一般的に銀行は年収の高い業種であり、銀行以外の業種へ転職すると年収がダウンするケースがあります。また銀行の福利厚生は充実しているため、他業種へ転職して福利厚生面で後悔するケースもあるようです。

銀行から転職する場合、何を目的として転職するのかを明確にしておくことが大切です。仕事のやりがい、キャリアの幅を広げる、異業種への挑戦などいろいろあると思いますが、年収や福利厚生よりも優先できるのかどうかをじっくりと考えることをおすすめします。

家族に早めに転職することを知らせる

銀行は年収が高く福利厚生が充実しているため、転職する場合は家族に早めに知らせましょう。転職先の年収が現在勤務している銀行と同じくらいの年収や待遇であれば問題ありませんが、年収がダウンしたり福利厚生が悪くなったりする場合、家族に迷惑がかかるからです。特に年収が下がると生活レベルを落とす必要があるので、準備が必要になります。勝手に転職して年収が下がると、家族の理解が得られず家庭不和の原因になります。早めに転職のことを話して、家族に理解してもらえるようにしましょう。

銀行から転職におすすめの転職先

銀行からの転職を成功させるには、有利な転職先を選択する必要があります。銀行員は銀行業務のプロであり、専門性の高い業務を行っています。その専門性ゆえに転職先が限定される傾向がありますが、スキルやキャリアをうまく活用すれば転職は成功します。

ここでは、銀行から転職におすすめの転職先を紹介します。

金融業界

銀行業界であれば、銀行で培ったキャリアをそのまま活かせます。転職先で募集している部門と転職前に在籍していた部門が同じであれば、即戦力として期待されるため転職に有利です。企業にとって即戦力は貴重な人材であり、未経験の人材よりも優遇されます。

同じ銀行業界からの転職であれば営業の大変さを理解していて、前職で培ったスキルと経験を活かして活躍してくれることを企業は期待します。・

銀行出身者であれば、メガバンクや地方銀行、外資系銀行、信託銀行、証券会社など幅広い選択肢があります。

IFA

銀行で個人営業をしていた人が、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)へ転職するケースがあります。IFAは主に IFA法人へ所属し独立してポジションで活動します。

主な業務は、顧客へ資産運用やライフプランの提案をして金融商品の売買を仲介することです。業務提携している証券会社の金融商品やサービスを取り扱います。

顧客の資産がどのくらいあるかを把握するヒアリング能力、資産運用やライフプランを提案できる知識や提案する能力が求められます。銀行から転職してIFAへ転身する人は増加傾向にあります。

企業の管理部門

企業の管理部門は事業を運営していくため常に数字を把握する業務をしています。そのため、数字に強くて、細かい作業を粘り強くこなす能力が求められるため、銀行からの転職先として有利です。

また管理部門においては事業のリスクを管理する能力が求められ、銀行でリスク管理をする部門にいた人は面接でアピールできます。例えば、融資部門や資産運用部門に在籍していた人は企業の管理部門への転職は有利です。

ベンチャー企業・スタートアップ企業

意外かもしれませんが、ベンチャー企業やスタートアップ企業へ銀行から転職する人がああります。

ベンチャー企業やスタートアップ企業は創業して間もないため、社内体制が整備されていません。財務や会計の知識のある銀行出身者を採用して、事業運営を円滑にする必要があります。特に財務・会計というお金の管理について銀行出身者の活躍が期待されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次